井伊家と招き猫ゆかりの地豪徳寺

2両編成の可愛い外観で地元の人々に親しまれる東急世田谷線。その停車駅である山下駅は、 首都圏の主要路線である、小田急線の豪徳寺駅に連結し、 人の出入りも多い。

その豪徳寺駅の脇に佇むのが、 駅名の由来となった寺院、豪徳寺である。

安政の大獄を断行し、 桜田門外の変で犠牲となった井伊直弼はじめ、井伊家代々の墓がある寺として有名な豪徳寺の近隣には、奇しくも安政の大獄で処刑された吉田松陰を祀る松陰神社がある。

中世以来の古い歴史を持つが、江戸時代に井伊家の菩提寺となったとされる豪徳寺に足を踏み入れると、広い境内の中、藤や紅葉が美しい風情を見せてくれる。また一方で、豪徳寺は招き猫発祥の地ともいわれ、 由緒ある境内に数多の招き猫が並ぶ ミスマッチな面白さに惹かれて訪れる観光客も多いとか。

彦根藩2代藩主井伊直孝が、鷹狩りの帰りに豪雨に遭い、豪徳寺前の大木で雨宿りしていたところ、寺の境内から白い猫が手招きするようなしぐさを見せたので、猫についていき大木を離れたすぐ後、轟音とともに大木に雷が落ち、白い猫に命を救われたと感じた直孝が、感謝の意をこめて寺の伽藍などを整備し、その後豪徳寺は井伊家の菩提寺となり、また境内に招き猫を奉納するようにもなったという。

お洒落な街として知られる世田谷、三軒茶屋界隈だが、入り組んだ街中に足を踏み入れれば、そこかしこに神社や寺社が点在し、また近辺にはのんびりと和やかな、昭和の雰囲気漂う商店街が多いのも魅力の一つ。

天気の良い休みの日などには、歴史ある寺社、神社をめぐり、近隣の店先でゆっくり寛ぐのも良いかもしれない。

 

次大夫堀公園で心くつろぐひとときを

三軒茶屋を起点とする世田谷通りを進み、 ゆったりとして落ち着いた住宅街の立ち並ぶ狛江~喜多見周辺に差し掛かると、そののどかで 緑の多い風景の一角に、江戸時代末期の建築を忠実に再現した民家園「 次大夫堀公園民家園」が見えてくる。
幕末から 明治初期にかけての、名主屋敷や消防小屋 などが 当時の状態のままで保存され、 また周辺の 堀には水流が流れ、 西洋文明が入る前の、古き良き 日本の姿を今にとどめている
入場料は無料。広大な敷地の中に、茅葺き屋根の古民家や、土蔵、火の見櫓 などが立ち並び、 園内をめぐるだけで、電気もガスもない過去の時代にタイムスリップしたような感覚を味わえる。
建物の中には自由に出入りでき、 飲食も許可されている。 広々とした古民家の囲炉裏には火が焚かれ、 その周りで食事をしていると、まるで農村の暮らしにすっかり溶け込んだかのよう。
田んぼや池などもあり、 桜や紅葉など 四季折々の風景も堪能できる。 周辺にも 緑が多く 、煩雑な都心から離れた郊外ならではの落ち着いた空間が広がる 。
園内では稲刈りなどの様々なイベントが催され、 地域住民の交流と憩いの場になっている。
普段の忙しい生活から離れ、都心近辺に点在する、こうした静かでのどかな場所を時折訪れてみるのも、 心身をリフレッシュさせるのに、必要不可欠で重要なことなのかもしれない。 また常日頃忘れている、 自分自身の ルーツを知り、ゆっくりと自省する機会にもなるのではないだろうか。

聖徳太子が境内から人々を見守る「円泉寺」

交通や文化の要衝である渋谷に近接し、おしゃれな街として人気を集める三軒茶屋

その駅前の商店街から離れた住宅地の一角に、ひっそりと埋もれるようにたたずむ「円泉寺」がある。

南北朝時代から続く由緒ある寺院で、現在残る建物も、火災ののち幕末期に建て替えられた由緒ある建造物。

門の周辺にはいちょうやケヤキの大木が枝葉を広げ、物静かで落ち着いた雰囲気を醸し出している。

また周辺の、ごくわずかに個人商店が点在するほかは、一般住宅が立ち並び人通りも少なく、日中でも急くことなくゆっくりとくつろげる空間を演出している。

門前に到着するとまず目に入るのが、門の脇にある太い古木の洞に祀られている2体の小さな石像。ここに花や賽銭を手向ける人も散見される。

そして境内に安置されているのが、弘法大師の作といわれる聖徳太子像。

近年ではその実在を疑う説もあるが、飛鳥時代に、当時の先進国隋との交流で体制や文化を積極的に取り入れ、憲法十七条や冠位十二階を制定し、日本国家の礎を築くのに多大な貢献を果たしたとされ、現在までその名が伝えられる偉人である聖徳太子は、静かな境内の中から、ふっくらと豊かな頬をたたえた穏やかな表情で、日々の住民の生活を見守り続ける。

恒例の節分会や、また年末には除夜の鐘も鳴らされ、歴史を持ちながら市民の生活に溶け込む円泉寺。日常の合間、散策がてらに訪れ、聖徳太子とつかの間のひとときを過ごすのも良いかもしれない。

心落ち着く独特の街下北沢

若者のサブカルチャーを代表する街下北沢。ポップカルチャーの発信地渋谷に近接していながら、小ぢんまりとしたエリアの下北沢は、雑貨店や古着屋、居酒屋などが雑多に集い、どこか懐かしさを匂わせる裏通り的な雰囲気の漂う街である。

またライブハウスや小劇場なども多く存在し、活気にあふれていながらどこかアンダーグラウンド的で、日常とは別次元の空間を彷彿とさせる。

古着屋にはおもに50~70年代の服や雑貨が所狭しと並べられ、店内を見ていくうちに、まるで過去にタイムスリップしたかのような感覚を覚え、時のたつのをを忘れてしまう人も多いだろう。

劇・小劇場や本多劇場は、多くの著名な俳優を生み出した劇場としても有名。現在でも個性豊かな劇団員たちが、最先端の流行とは距離を置いた風情の下北沢の街に溶け込み、まざまな公演を通じて精力的に自己表現を展開している。

なかでもキャパシティが大きく、通常の公演以外に展示会や格闘技の興行など、さまざまなイベントに利用される多目的ホール北沢タウンホールは、多くの近隣住民の交流の場、憩いの場ともなっている。

北沢タウンホールの向かいには、アパートの2階を改装した桟敷席のある劇場、ザ・スズナリがあり、その1階には、これまた昭和時代の提灯が並ぶ飲み屋街を思わせる居酒屋の立ち並ぶスズナリ横丁がある。

日常の合間に、下北の街を散策し、個性あふれるさまざまな店舗や劇場で、常と異なる異空間に触れ、心をリフレッシュするのも、めまぐるしい生活の中で一服の清涼剤となるのではないだろうか。

幕末の烈士を祀る古跡「松蔭神社」

閑静な世田谷の雰囲気に馴染み、住宅街を縫うように走る東急世田谷線

始発駅の三軒茶屋から3つ目の駅「松陰神社前」を下車し徒歩3分、国士舘大学の学生で若々しい賑わいを見せる街の一角に、幕末の思想家、教育者である吉田松陰を祀る「松蔭神社」がある。

境内は木々や緑があふれ、鳥がさえずり、近くに古くからある商店街と相俟って、程よく懐かしく、すがすがしい気分にさせてくれる。

神社には吉田松陰のほか、彼の門下生で、のちに近代国家の礎を築いた明治政府の元勲、伊藤博文山県有朋らが祭神として祀られ、松蔭はじめ多くの幕末の志士の墓が立ち並び、今の日本の土台を築いた先人の遺徳を偲ばせる。

また、長州藩士だった吉田松陰の地元、現在の山口県萩市にも松蔭神社があり、私塾「松下村塾」が現存しているが、世田谷の松蔭神社にはその精巧なレプリカがあり、まるで江戸の街へタイムスリップしたかのような雰囲気が味わえる。

激動の幕末の時代に、新しい日本のあるべき姿を懸命に模索し続けた先人の魂に触れることで、何とも厳粛な思いに胸打たれることだろう。

神社に寄進された燈篭には、乃木希典桂太郎井上馨青木周蔵など、明治の元老の名前が刻まれている。

また近隣の豪徳寺に、安政の大獄を実行した井伊直弼菩提寺があるのも、皮肉ではあるが歴史の面白さを感じさせるものであろうか。

日本を世界と肩を並べる国家にすべく、粉骨砕身したこうした先達の努力の上に、今の私たちの生活があることに思いを馳せながら、境内でのんびりくつろいでみるのもいいかもしれない。

都会に住む人々のオアシス「目黒天空庭園」

天空高く、晴れた日には豊かな青空がはるか遠くまで望める敷地に広がる緑豊かな空間。
 
東急田園都市線池尻大橋駅のそば、国道246号線沿いの大橋JCTの屋上を緑地化し、2013年にオープンした「目黒天空庭園」は、新しいタイプの公園として、安らげる場所の少ない都民の憩いの場になっている。
 
池尻大橋は、若者文化の発信地渋谷と、おしゃれな街として注目を集める三軒茶屋をつなぐ街として整備され、オフィスビルや高層マンション、個人商店がほどよく調和する外観の、落ち着いたたたずまいが印象的。
 
目黒天空庭園は、地上から高い空間にそびえながら、そんな池尻大橋の街になじみ、一歩足を踏み入れれば、まさに潤いのオアシスと呼べるような開放空間が眼前に広がっている。
 
緩やかな傾斜のついた庭園内には、手入れされた木々や芝生を縫うように歩道が整備され、眼下に高速道路を望む眺望の中で、一味違う趣の散策を楽しむことができる。
 
晴れた日には、降り注ぐ日差しを避けて、歩道沿いのあずまやで休憩すれば、地上の空気とはまた違った心地よい風が吹きぬけ、なんとも爽快な気分を味わうことができ、また雨の日には、豊かな木々から立ちこめる雨のにおいと、四方に見はるかす雨にけぶる遠くの景色が、どことなく非日常的な空間を醸し、気分を落ち着かせてくれる。
 
開園した2013年にグッドデザイン賞を受賞し、自然あふれる空間でありながら近未来的な風景を持つ「目黒天空庭園」。散歩がてら訪れてみてはいかがだろうか。

都会に残る江戸情緒「世田谷代官屋敷」

お洒落な店と下町情緒が混在する街三軒茶屋を始発として、静かな住宅街を走る路面電車、東急世田谷線
走行距離のべ5kmほどの道のりを、2両編成でゆっくり走る世田谷線は、環七の踏切で信号待ちをする姿が落ち着いた雰囲気を醸し、心和ませてくれる。 
しかし、その沿線には歴史上著名な人物にまつわる史跡が点在し、それらを見てまわることでプチ歴史巡りともいうべき旅が楽しめる。
その中のひとつ、「上町」駅下車徒歩5分のところにある「世田谷代官屋敷」。
江戸時代中期に、彦根藩世田谷領20カ村の代官を代々世襲した大場家の役宅で、都内で初めて、国の重要文化財に指定された由緒ある建造物。
無料で入ることができ、現在残っているのは主屋、表門、そして玉砂利が敷き詰められたお白州跡。
建物の中に入ることはできないが、風情ある純和風のつくりが、往時の雰囲気を偲ばせてくれる。
主屋は茅葺き屋根で、武家の屋敷というよりは、郊外の豪農の民家ともいうべき外観を醸し、人々の目に親近感を感じさせる。
その一方で、表門にある、太い格子の入ったいわゆる「武者窓」は、武家屋敷ならではの風格を感じさせるつくりで、近現代の建物ではまずお目にかかることのないもの。
近隣の街並みも静かで落ち着いており、まるで時代劇の世界にタイムスリップしたような、日常を忘れさせる雰囲気。
屋敷周辺では、世田谷名物「ボロ市」やホタル祭りも開催され、都心近くで交通の要路である
国道246号線沿いにあって、近隣住民の大切な息抜きの場、憩いの場となっている。
日常の合間、一息つきたいときにぶらりと訪れてみるのもいいかもしれない。